敏感肌はなぜ起こるの?ピリピリつらい敏感肌になる原因と対策方法

敏感肌 なぜ起こるの?

普通にスキンケアをしていても肌がチクチクしたり、肌に赤みが出てしまったり…

もしかして私、敏感肌かも…

と悩む人は多いのではないかと思います。

敏感肌の多くは乾燥しやすく、外部刺激に反応しやすいという特徴があり、肌への影響力が強い成分を含んだ化粧品などを使うと、簡単に肌荒れしてしまいます。

こんな状態が続くと、「どんな化粧品を使えばいいの〜」と化粧品選びにもビクビクしてしまいますよね。

ここでは敏感肌が起こる原因と対策方法について解説していきたいと思います。

敏感肌とは?

「自分は生まれつき敏感肌で…」と自覚がある人も多いと思うのですが、じつは皮膚科学的には『敏感肌』における明確な定義はありません。

生まれつき体質的に肌が荒れやすい、いわば『本当の敏感肌』と呼べる人もいるのですが、

実はほとんどの人が間違ったスキンケアなどによってみずから敏感肌を招いているケースが多いんです。

これが『肌バリアの低下による敏感肌』です。

敏感肌と感じる方のほとんどは、健やかなお肌と比べて肌のバリア機能が低下しているほか皮脂の量も低下していて、健康な肌の人と比べて肌が乾燥しやすいという傾向があります。

敏感肌と感じる人の特徴
  • 肌の乾燥を感じている
  • 洗顔やスキンケアの時にピリピリ、チクチクする
  • お肌がつっぱる
  • 皮膚がすぐに赤くなる

こういった症状は、『肌バリアの低下による敏感肌』『生まれつきの敏感肌』どちらも共通してみられるものです。

生まれつきの敏感肌の人は上記に加えてさらに過剰に反応しやすく、普通の人が刺激に感じないような微妙な刺激にも反応してしまいます。

例えば「髪が触れるだけでかゆい」「わずかなアルコールに肌が反応する」などの症状があり、より深刻な症状として感じている方が多いです。

敏感肌の肌はどんな状態なの?

ではなぜ『肌バリアの低下による敏感肌』が起こってしまうのでしょうか?

お肌には通常、お肌そのもののバリア機能がそなわっていて、皮膚の表面はそのバリア機能を維持するための皮脂でカバーされているんです。(これを皮脂膜と言います)

バリア機能

また角層細胞の中には、アミノ酸やミネラルで構成されたNMF(Natural Moisturizing Factor,ナチュラルモイスチュアエイジングファクター 天然保湿因子)と呼ばれる成分があり、これがお肌のバリア機能保湿を担うとても大切な成分です。

これらNMFが肌の中で水分を抱きかかえ、さらに、角層細胞の間はセラミド(細胞間脂質)が肌のすきまを埋めつつ水分を保っています。

このヒトの体が本来から持っているお肌の保湿機能は天然の「皮膚のバリア機能」とよばれ、必要以上のお肌の乾燥を防ぐとともに、外部からのさまざまな刺激からお肌をまもることができる大切な機能となっています。

ところが間違ったスキンケアや加齢による影響、ストレスや睡眠不足といった外部要因などによって、ヒトが持つ本来の皮膚のバリア機能が低下し、お肌の水分を保つことできなくなるためにお肌が乾燥し、外界からの刺激物質やアレルギー物質、肌に影響を与える細菌などがお肌に侵入しやすくなります。

これがお肌が敏感肌になりやすくなる要因と考えられています。

皮膚科では接触性皮膚炎と診断されたりもします。

敏感肌になってしまう原因

生まれつきのもの

もともと肌が薄かったり、外部からの刺激に過剰に反応しやすい人にみられます。

「髪が触れるだけでかゆい」「わずかなアルコールに肌が反応する」などの症状がありますので、敏感肌の中でもより深刻な症状といえます。

間違ったスキンケア

敏感肌の中でも後天的に起こるものは間違ったスキンケアによるものが多いです。

過度のクレンジングや合わない化粧品を使い続けることなどで起こるほか、日焼け止めも敏感肌の原因になる場合があります。

美白成分のハイドロキノンやシワ改善成分のレチノールなど、肌への影響が強い化粧品を使う場合は注意が必要です。

できれば敏感肌専用の化粧品を使うなどして、スキンケアが与える肌への影響力を最小限に抑えることが大切です。

生活習慣やストレス

他にも現代人につきものの「ストレス」が肌に与える影響が大きいことが明らかになっています。

ポーラの研究によるとストレスホルモンと呼ばれる「コルチゾール」が肌の潤いを低下させることが明らかになっており、その影響が最も強いのが30代女性だったそうです。

ストレスをなくすことは難しいのですが、しっかり栄養を摂ったり、睡眠不足の解消など、ストレスを減らす努力も美肌には必要です。

一時的なもの

生理前や睡眠不足で一時的に敏感肌になる場合もあります。

その場合はクレンジングを控えたり、日焼け止めも控えるなど肌への刺激を極力抑えることも必要です。

メイクが必要な場合は肌への負担が少ない「パウダーファンデーション」が最適です。

敏感肌を改善するには?

敏感肌によって起こる様々な要因に対して普通のスキンケアで対処するのは正直いって難しいです。

なぜなら敏感肌により低下した皮膚のバリア機能を補うのに必要なセラミド、コラーゲンといった成分は原材料が高価なこともあり、価格の安い化粧品にはほとんど含まれていません。

敏感肌に効果の高い成分は、セラミド(できればヒト型セラミド)、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などです。

ここにビタミンCが含まれていれば、敏感肌のためのスキンケアとしてはかなり効果が期待できます。

敏感肌のことを考えた敏感肌に効果が高いコスメを使うことによって、敏感肌に対して適切に対処していきましょう。

セラミドに関する記事

最強の保湿成分『セラミド』で乾燥しらず?セラミドの効果を知ってモチモチ肌になろう

2018.10.05

敏感肌のための化粧品選び

敏感肌向けのスキンケアとして何を選んで良いのかわからないという方は、ポーラの子会社である「ディセンシア」が販売するアヤナスシリーズがおすすめです。

アヤナスは敏感肌に特化したスキンケアとして開発された商品で、天然成分の「ヒト型セラミド」をはじめ、ポーラが長年研究を続けてきた特許成分を惜しみなく使用したスキンケアです。

ディセンシアのシリーズはどれも敏感肌に最適化された成分となっていて、アヤナス、サエル(UVケア)、つつむ(保湿力強化)の3シリーズが展開されています。

敏感肌への保湿を重視したスキンケア『アヤナス』

敏感肌の保湿×UVケア『サエル』

敏感肌にむけた最高レベルの保湿力『つつむ』

どのシリーズもトライアルセットがあるので、肌への影響が心配な方も気軽にお試しすることができます。

敏感肌は体の外側と内側からの改善を

敏感肌はやっかいな症状ですが、低刺激の化粧品を使いながら根気よくケアしていけば徐々に改善していきます。

まずは肌に負担のかかるスキンケアをやめ、化粧水をつけるために肌をたたいたり、マッサージのためにひっぱったりといったムリな刺激はやめましょう。

エイジングケアにお肌への刺激は大敵です。

他にも睡眠不足の解消やビタミンたっぷりの食事など、美肌のためにできることはたくさんあります。

特に敏感肌は、体の内と外の両方の環境が影響しているデリケートな状態なので、普段より少し気をつかいながら上手にケアしていきましょう。

 
最新シワ対策ランキング
シワ消しコスメランキングはこちら 乾燥からくる「小ジワ対策」、気になる「目元ジワ対策」、できてしまったら大変な「加齢ジワ対策」。 それぞれのお悩みにあわせたオススメを商品をランキング形式で紹介しています。 適材適所に合わせた「シワ対策」で年齢を感じさせないお肌を手に入れましょう! 『お悩み別』オススメしわ消しランキング
敏感肌 なぜ起こるの?