ほうれい線が目立ってしまう原因とは!?改善方法はあるの?

ほうれい線

ほうれい線は年齢を重ねると目立ってしまいがちです。

実年齢より老けて見られてしまうこともあるので、若々しさをたもつためにはほうれい線を無くすことが必要です。

ほうれい線は30代頃から気になり始めることが多く、年齢だから仕方ないとケアをせずに放置してしまうとどんどん深くしてしまい目立ってしまいます。

そこで、ほうれい線の原因と改善方法を知ることで若々しさを保つことにもつながり、見た目年齢を若く見せてくれ、自信をもたせてくれます。

ほうれい線には「浅いほうれい線」と「深いほうれい線」の2種類がある

ほうれい線浅いほうれい線は年齢に関係なくできてしまうほうれい線です。

浅いほうれい線ができてしまう原因として多いのが表情のクセ、肌表面の乾燥、むくみが挙げられます。

浅いほうれい線は1本の線のように見えるのが特徴です。

一方、深いほうれい線は年齢を重ねるごとに目立ってしまうほうれい線です。

ほうれい線を深くしてしまう原因は、肌の内部にある肌水分を保持し潤いを与える役割のある成分のコラーゲンやエラスチンの減少、筋肉の衰えが挙げられます。

コラーゲンやエラスチンは加齢によって減少するので深いほうれい線になりやすいのです。

浅いほうれい線のうちに対処しないことでどんどん深く酷くなってしまうことでほうれい線を深くしてしまうこともあります。

浅いほうれい線の解消方法について

保湿浅いほうれい線と深いほうれい線には原因が違うので、解消法もそれぞれに合ったものを取り入れることで効果的に改善につなげます。

浅いほうれい線は表情のクセが主な原因となるので、表情のクセを無くすように心がけることで解消につなげます。

一度ついてしまった表情のクセを治すには、クセを治すことを意識するのに併せて化粧品を取り入れて対策をするとより効果的に解消してくれます。

成分としてセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンが配合されている化粧品を使い、肌に潤いや水分を補うことで、肌の乾燥を抑えることもできるので、浅いほうれい線の改善となります。

どうしてもすぐに解消したい場合は、医療機関でボトックス注射が有効です。

浅いほうれい線を改善する効果に対して即効性が期待できます。

深いほうれい線の解消方法について

深いほうれい線は、加齢によるコラーゲンやエラスチンの減少によって肌の弾力やハリが低下してしまうことが原因なので、加齢によって減ってしまったコラーゲンやエラスチンを正常化に働かせることがポイントとなります。

化粧品はコラーゲンやエラスチンなどの働きを高めてくれる作用が期待できるレチノールやビタミンC誘導体が配合されているものを肌に取り入れ、それと併せて栄養バランスがとれた食習慣を意識して、睡眠時間を確保して疲労を無くすことで肌のコンディションを整えてくれます。

食習慣や睡眠も意識していて、化粧品も有効成分が配合されているものを使用しているのに期待している効果が感じられない場合は、医療機関でヒアルロン注射を受けてみることも検討するのも良いです。

ほうれい線深くなっている部分にヒアルロン酸を直接注射したり、顔全体を引き上げ、ほうれい線を目立たなくする方法を取り入れてくれることもあります。

また、レーザー治療でほうれい線周りにレーザーを照射させることで皮膚の働きを高め、コラーゲンの再生を促進させることも深いほうれい線解消に効果的です。

ほうれい線を解消するのに大切なのは、浅くても深くても生活習慣やほうれい線に効果的に働きかけてくれる化粧品を肌に取り入れることをまず行います。

また、ほうれい線が浅いうちに生活習慣の改善やスキンケアを取り入れることでほうれい線をくっきりと目立ちにくくするので、浅いうちからケアをしっかり行うことが大切です。

[st_af id=”4790″]
 
最新シワ対策ランキング
シワ消しコスメランキングはこちら 乾燥からくる「小ジワ対策」、気になる「目元ジワ対策」、できてしまったら大変な「加齢ジワ対策」。 それぞれのお悩みにあわせたオススメを商品をランキング形式で紹介しています。 適材適所に合わせた「シワ対策」で年齢を感じさせないお肌を手に入れましょう! 『お悩み別』オススメしわ消しランキング
ほうれい線