顔がたるむのはなぜ?たるみ解消のポイントとたるみに効果的な成分を知ろう

たるみ解消の ポイント

なんとな〜く頬が下がって二重あごになってきたような…

と思って数年前の写真を見比べてみると…

やっぱり頬が下がってる!とショックを受けてしまうのが「たるみ」です。

別名「ブルドック顔」とも言われ、30代を過ぎると顔の肉が徐々に下がり始めるため、30代以降のたるみケアを怠ると一気に老け顔になってしまいます。

しかも一度現れた「たるみ」を通常の化粧品などで戻すことは難しいので、正しい「たるみケア」で肌のたるみを日常的に予防することが肝心です。

たるみケアに早すぎることはありません。20代からでも行うことで、将来の老け顔をストップしましょう。

たるみができる原因

たるみを起こす原因はいくつかあるのですが、

ほうれい線が目立ってきた涙袋がたるんできた口角が下がってきたフェイスラインがぼやけてきた2重あごになった毛穴が開いて目立つようになった…といった悩みはすべて「たるみ」のサインです。

まずは「たるみ」を起こす代表的な3つの要素について説明します。

たるみの原因はコラーゲンの変成とエラスチンの減少

年齢を重ねるにつれ、真皮にある美肌に必要な成分をつくりだす重要要素「線維芽細胞」の生成が低下してしまいます。

線維芽細胞はコラーゲンエラスチンヒアルロン酸という美肌を構成する3大要素を生成するので、線維芽細胞の働きが低下すると肌がハリを失い、しわやたるみが目立ってくるのです。

そんな「たるみ」の初期症状として表れるのが「たるみ毛穴」です。

たるみ毛穴というのは頬に表れる涙型の毛穴で、真皮のコラーゲンが緩んでくることにより毛穴の形を支えきれなくなって毛穴が開いてくる現象です。

(初期のたるみ毛穴にはピーリングが効果的です)

肌内部の真皮と表皮のズレから脂肪を支えられなくなることでたるむ

肌には肌の表面で潤いを保つ表皮と、ふっくらとした弾力を保つ真皮で構成されています。

この表皮と真皮の結びつきが弱くなると、頬にある厚い脂肪を支えきれなくなり、重力によって皮膚が下にずれてしまいます。

いわゆる「加齢ジワ」と呼ばれるもので、ほうれい線二重あごなどのフェイスラインのたるみマリオネットラインゴルゴ線もたるみによってできるものです。

特に「ほうれい線」はシワのようにとらえられることが多いですが、実は肌が「たるむ」ことによりできるのです。

筋肉の衰えによりたるむ

肌は真皮だけでなく、筋肉によっても支えられています。

顔にある表情筋は皮膚とくっついているので、筋肉量が落ちると皮膚も一緒に緩んでしまいます。

そんな場合、口に挟んで使うなどのグッズでトレーニングするのが一番効果的です。

なぜなら、自己流のマッサージや筋肉トレーニングだとよけいに表情ジワを深くしてしまう恐れがあるからです。

また血行を促すリンパマッサージも効果があります。

たるみが現れる場所

たるみは「老け顔」にみえる代表的な症状で、たるみが表れる範囲は多岐にわたります。

ここでは顔の中で「たるみが表れやすい部分」について簡単にご紹介します。

加齢ジワ
  • たるみ毛穴 … 毛穴が涙状に開く顔全体のたるみの初期症状
  • ほうれい線 … たるみが原因で頬に入る線。化粧品での改善は困難です
  • 二重あご … フェイスラインのたるみで体重に関係なくたるむ
  • ゴルゴ線 … ゴルゴラインとも呼ばれ、目の下から頬に向かって斜めにでるライン
  • マリオネット線 … マリオネットラインとも呼ばれ、口の横から下にできるライン
  • 涙袋 … 目の周りの皮膚がたるみ、眼球まわりの脂肪を支えきれなくなってプクッと膨らんだように見える

たるみを予防するにはシワと同じお手入れを

たるみが及ぼす範囲は広範囲にわたりますが、どれも原因はひとつです。

それはコラーゲンの弾力が低下することにより、脂肪や皮膚を支えきれなくなることから起こります。

シワの原因もコラーゲンの質の低下なので、コラーゲンを増やす作用のある化粧品をつかえば、「シワ」「たるみ」どちらにも効果が見込めるということです。

ほかに飲むタイプのコラーゲンドリンクも真皮のコラーゲンを増やす「シグナル」を増やすことがわかっているので、コラーゲンは積極的に食べたり飲んだりすることも有効ですし、ビタミンC誘導体やレチノールといった真皮のコラーゲンを増やす作用のある化粧品を日常的に取り入れることも効果的です。

加齢による「たるみ」に効果的な成分

たるみやシワは真皮のコラーゲンの減少によって起こります。

そこで線維芽細胞に働きかけ、コラーゲンを増やすケアをしてあげることが「シワ・たるみ対策」のカギになります。

コラーゲンを増やす成分

シワもたるみも肌の内部にある「コラーゲン」が減少する事により起こります。そのためコラーゲンを増やすケアがシワ・たるみ対策には重要です。

以下の3成分はコラーゲンを増やす成分として、科学的にも立証されている間違いのない成分となります。

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体とは、そのままでは肌に吸収されにくいビタミンCを肌に入り込みやすい形に変えたものです。

ビタミンCは美肌には必須の成分で、体内でコラーゲンを作るのに必須のなくてはならない成分です。

ナイアシン

ビタミンCと同様にコラーゲンの合成を高める成分です。ビタミンC誘導体と比べると刺激が少ないので、比較的肌が弱い人に最適です。

レチノール

ビタミンAの一種で、肌のターンオーバーを促してコラーゲンを増やす働きがあります。

紹介する3成分の中では最も効果が強いですが、そのぶん肌への刺激も強いため、肌が弱い人は注意して使う必要があります。

特に涙袋など、目の周りの小ジワやたるみには効果が高いです。

目元のトラブル専用のアイクリームもあるので、困った際には活用してみましょう。

抗酸化成分

老化のスピードを遅くするには「活性酸素」を抑えて細胞の酸化を防ぐ必要があります。

肌老化を防ぐためにも、抗酸化作用のある成分をスキンケアに取り入れることがオススメです。

カテキン

フラボノイド(植物色素)の一種で抗酸化成分としては最も有名な成分。

抗酸化作用のほかに美白効果や保湿効果もあります。

アントシアニン

こちらもフラボノイドの一種で抗酸化力が高い成分。

血流を促してくれる成分でもあるので、目の下のクマなどにも効果があります。

アスタキサンチン

サケなどの赤い身に含まれる成分で非常に強い抗酸化力があります。美白やコラーゲン生成にも効果が望める成分です。

肌の水分量を高める成分

セラミド

セラミドは表皮の角質細胞の隙間に存在する保湿成分です。

肌のうるおいを守り、お肌のしっとり・もっちりを支えていますが、年齢とともに生産量が減少するので補う必要があります。

乾燥肌には必要な成分です。

化粧品の前のピーリングも大事

ピーリングで肌トラブルは改善できる!ピーリングとゴマージュの違いは?

2018.09.29

むくみからくる「たるみ」にはリンパマッサージが効果的

たるみの原因は老化とは関係のない「むくみ」や「脂肪細胞の重み」による場合もあります。

むくみは塩分や水分、アルコールの摂りすぎによっておこり、加齢により心臓のポンプ機能が低下して血液の流れが悪くなる事でもむくみやすくなります。

塩分や水分の摂りすぎでおこるむくみは「カリウム」を摂ることで解消されます。

スイカやバナナに多く含まれるので手軽に食事に取り入れられるほか、「むくみサプリ」と呼ばれるものもあるので、朝起きたときのむくみが気になる人は使ってみるのもよいですね。

脂肪の多いフェイスラインは特にむくみやすいため、リンパの流れをよくするマッサージが有効です。

たるみを解消するには美容医療という選択肢もあります

本気でたるみを解消したいという方には「美容医療」という選択肢もあります。

シワやほうれい線の場合はヒアルロン酸注射PPP治療といった注射美容、たるみの場合はフォトフェイシャルといった照射治療が効果的です。

費用は数十万円と高価ですが、リスクとお金をかけるだけあって確実な効果が見込めます。

さらなるキレイを目指すなら、美容医療を活用することも検討してみましょう。

美容医療について詳しくはこちら

美容医療は意外とお手軽なのに最大の効果あり! メリットとデメリット・注意点をまとめました。

2018.04.10
 
最新シワ対策ランキング
シワ消しコスメランキングはこちら 乾燥からくる「小ジワ対策」、気になる「目元ジワ対策」、できてしまったら大変な「加齢ジワ対策」。 それぞれのお悩みにあわせたオススメを商品をランキング形式で紹介しています。 適材適所に合わせた「シワ対策」で年齢を感じさせないお肌を手に入れましょう! 『お悩み別』オススメしわ消しランキング
たるみ解消の ポイント