話題の「レチノール」にはどういった美肌効果があるの?

レチノールには どんな効果がある?

年齢を重ねるとどうしても防ぎようがないのが「しわ」や「たるみ」。

ある程度できてしまえば諦めがつくのかもしれないけど、まだまだ若いと感じているうちは、ちょっと小ジワができただけでも「ものすご〜く」気になってしまいますよね。

少し前はシワというと注入系の美容治療以外に決定的な対処法がなく、「しょうがないもの」と半ば諦めるしかなかったのですが、ここにきて医薬部外品で「シワ改善」をうたう化粧品が続々と登場してきました。

最も注目を集めているのがポーラが独自開発した「ニールワン(リンクルショット)」ですが、その他にも医薬部外品として「シワ改善」をうたう成分を使用した商品があります。

それが「レチノール」です。

レチノールとは?

レチノールとは「ビタミンA」のことです。化粧品の成分としては「パルミチン酸レチノール」や「酢酸レチノール」といったビタミンA誘導体が使われています。

ビタミンAは目や皮膚の健康維持に必要とされ、細菌やウイルスから身を守る働きがあります。ビタミンAを多く含む食べ物にはレバーやうなぎ、あん肝などがあります。

レチノール(ビタミンA)は、肌にとって重要な成分であるコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンを生成する「線維芽細胞」に働きかけ活性化させる効果があります。

そもそもお肌が老化するのは、この線維芽細胞が紫外線や加齢によって劣化してしまうのが原因なので、この線維芽細胞の劣化をいかに防いで、活性化させるかが美肌につながるカギとなるのです。

レチノールの効果

レチノールは肌の中でレチノイン酸という物質に変化します。このレチノイン酸が線維芽細胞に働きかけ、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の生成を促進させます。

それによって以下のような美肌につながる効果が期待できるのです。

レチノールの美肌効果
  • シワの改善
  • たるみの改善
  • シミの解消
  • 加齢によるクマ(黒くま)の解消
  • ニキビ痕の解消

レチノールはエイジングのお悩み解消にダイレクトに効果が見込めるので、化粧品業界でも非常に人気の高い成分になります。

成分が最適な肌悩み

成分の摂り方

成分が含まれる化粧品のアンチエイジング効果

成分の化粧品を選ぶポイント

マイルドなのはビタミンC誘導体やナイアシン

成分のメリットとデメリット

  • シワを薄くする
  • シミを薄くする
  • ターンオーバーを促す

 

  • 日光に弱い
  • 刺激が強い(体質により合う合わないがある)
  • 肌がカサつくことがある

レチノールの美肌効果1:「シワの改善効果」

クリームタイプレチノールは美肌成分を作り出す繊維芽細胞に働きかけて、美肌成分の生成を促してくれます。

肌が生成される美肌成分には、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸が挙げられます。

これらの美肌成分は繊維芽細胞にて作り出しています。

美肌成分を生成してくれることで肌にハリや弾力を取り戻してくれるのでシワを目立ちにくくし、改善へとつなげます。

レチノールは繊維芽細胞を活性化させるので、美肌に働きかけてくれるコラーゲンやエラスチンの生成をサポートし、肌のハリやツヤを良くします。

レチノールはエイジングケア成分として注目されています。

エイジングに働きかける成分なので、シワ改善に効果的に働きかけ、加齢などによって美肌成分の生成量が減少するのを抑制し、美肌成分の生成を促す働きによって、シワを作りにくい肌へと導きやすくします。

レチノールの美肌効果2:「美白効果」

美容レチノールは肌に蓄積された古い角質を剥がして新しい角質へと生まれ変わりを促す働きがあります。

新しい角質への生まれ変わりのことをターンオーバーと言います。

肌はおよそ30日周期で古い角質から新しい角質へと生まれ変わっていきます。

レチノールによって肌のターンオーバー機能を正常にし、活性化することでシミや肌の黒ずみを改善する効果が期待でき、美白効果につなげます。

レチノールは肌のターンオーバーを促して、角層内の細胞を表皮へ押し上げます。

それによって、メラニン色素などシミや黒ずみを引き起こしてしまう原因が含まれている細胞を排出して、肌の表皮の生まれ変わりをスムーズにするピーリング効果によって、シミや黒ずみを改善と予防し、美しく白い肌へ導いてくれます。

レチノールの美肌効果3:「優れた水分保持力」

保湿しっかり肌が乾燥してしまう原因の一つとしてターンオーバーの乱れが挙げられます。

ターンオーバーで新しい角質に生まれ変わったとき、肌が持ってる潤い成分も一緒に生成されます。

レチノールがターンオーバーを正常化することで、新しい角質に生まれ変わるときに潤い成分をスムーズに生成でき、生成された潤い成分を肌にとどめるように働きかけてくれるので、レチノールは肌の水分保持効果が高いと言えるのです。

レチノールのその他の効果

紫外線レチノールは皮脂分泌を抑制する効果も期待できます。

皮脂分泌を抑制することで肌を整えてくれ、ニキビの予防につなげます。

毛穴の詰まりや黒ずみなどの予防や改善にもつながります。

また、紫外線による肌ダメージの軽減効果も期待できいます。

紫外線が肌に当たることで光による肌の老化を促進させてしまいます。

レチノールは紫外線を吸収する働きがあるので、光による肌老化を抑制し、肌を保護してくれます。

ドクターズコスメがオススメ

科学の力でエイジングケア!話題のドクターズコスメや皮膚科監修コスメはこれがオススメ

2018.07.22
 
最新シワ対策ランキング
シワ消しコスメランキングはこちら 乾燥からくる「小ジワ対策」、気になる「目元ジワ対策」、できてしまったら大変な「加齢ジワ対策」。 それぞれのお悩みにあわせたオススメを商品をランキング形式で紹介しています。 適材適所に合わせた「シワ対策」で年齢を感じさせないお肌を手に入れましょう! 『お悩み別』オススメしわ消しランキング
レチノールには どんな効果がある?