ぬるま湯洗顔で小じわが改善できる?洗顔に最適な温度とは

紫外線イメージ

ぬるま湯洗顔で小じわ改善されるっていうのは本当?

ぬるま湯洗顔一般的にぬるま湯と呼ばれるのはどのくらいの温度のことなのかと言うと、30度から36度とされています。

ですが、35度や36度だと顔の表面の温度より高くなり、小じわ改善効果を引き出しにくくします。

ぬるま湯の範囲は広いので、その範囲内でも高い温度になってしまうと顔の表面にお湯が当たる温度が高くなり小じわ改善効果を薄めてしまいます。

ぬるま湯の範囲で小じわ改善に一番良い温度とは?

洗顔では、ぬるま湯の範囲である30度から36度の中で一番、小じわ改善に良い温度は何度なのかと言うと、32度から35度です。

人間の体温は36度から37度くらいですが、顔の表面の温度は体温よりも低いと言われています。

小じわの原因となる汚れなどが落ちやすい温度は体温よりも少し低いくらいの温度が一番良いので、32度から35度の温度で洗顔することが小じわ改善に効果が期待できると言えるのです。

つまり、顔の表面温度を超える35度以上にならない温度で洗顔すること、31度から34度の範囲がベストです。

水温を計って洗顔するとより正確ですが、温度計が用意できない場合、31度から34度を当てる目安としては「冷たくない水」と感じられることです。

よって、ぬるま湯の範囲内でも30度から34度の範囲にすることで、顔の表面に当たる温度が高すぎないので効果的に汚れを落としたり小じわ改善に良い温度と言えるのです。

洗顔の温度が高すぎると小じわを増やすので温度は大切

保湿洗顔時の温度が高すぎると顔の皮膚から水分がどんどん蒸発してしまうので、肌の角質層の水分量が減り、乾燥が促進され、小じわを引き起こしやすくします。

また、温度が高いと肌の角質に含まれているセラミドが出てしまいます。

セラミドは皮膚のバリア機能をしているものです。水温が高いとセラミドが溶け出してしまうので肌のバリア機能が低下し、小じわを出来やすくします。

なので、高すぎる温度で毎日洗顔をしていると自然に小じわを引き起こしてしまいやすい環境に導いてしまうのです。

小じわのリスクを減らす洗顔温度は、顔の皮膚の表面温度を超えない30度から34度の範囲が良く、この温度を意識して洗顔を行うことで、肌の乾燥やセラミドの流出を抑制します。

水温にも気を配ることが小じわを防ぐ洗顔方法として重要ですが、洗顔後のアフターケアもしっかり行うことでより効果を高めます。

洗顔してすぐ保湿をすることを併せて守ることで、小じわを引き起こすリスクを減らします。

[st_af id=”4830″]
 
最新シワ対策ランキング
シワ消しコスメランキングはこちら 乾燥からくる「小ジワ対策」、気になる「目元ジワ対策」、できてしまったら大変な「加齢ジワ対策」。 それぞれのお悩みにあわせたオススメを商品をランキング形式で紹介しています。 適材適所に合わせた「シワ対策」で年齢を感じさせないお肌を手に入れましょう! 『お悩み別』オススメしわ消しランキング
紫外線イメージ