美肌になるためのクレンジングとは?

洗顔

美肌になるためにすることと言えば、やはり化粧水をたっぷり付けて保湿したり、フェイスパックをしてみたり、様々な美容成分の配合された美容液を使ってみたり…と、「塗る・つける」ケアが重視されていますよね。

もちろんそれも重要なのですが、意外に見落とされがちなのが「汚れを落とす」、つまり洗顔やクレンジングの重要性です。

汚れをきちんと落とせていないと、いくら化粧水や美容液でケアしても効果は半減してしまいます。

ここでは、美肌になるためのクレンジングのポイントについてご紹介します。

洗顔料をクレンジング代わりにしない

洗顔面倒だから洗顔料でメイクを落としちゃってる…という人もいるかもしれません(実際、私も以前は洗顔のみで済ませてしまっていました)。

でも、そもそもファンデーションなどのメイクは脂性汚れなので、洗顔料では落とし切ることができないのです。

洗顔料はお肌の古い角質や皮脂、埃などの汚れを落とすもの。落とす汚れの種類が違うので、きちんとクレンジングを使う必要があるのですね。

洗顔料をクレンジング代わりにしていると、毛穴汚れが落とし切れずに毛穴が詰まることでニキビなどの様々な肌トラブルも起こりかねません。

メイク汚れはきちんとクレンジングを使って落とすようにしましょう。

お肌に優しいクレンジングを選ぶ

クレンジング画像クレンジングにもオイルやシート、リキッドなど色々な種類があります。

この中で、手軽に使えて顔を水で洗う必要もないシートタイプを愛用している人もいるかもしれませんが、シートタイプはかなり注意が必要です。

というのは、シートタイプでふき取る、つまりお肌をこするというのは想像以上にお肌にダメージを与えてしまいます。

本来クレンジングというのはメイクとなじませ、汚れを浮かせて洗い流す…というステップが正解。シートタイプはそのステップがない分手軽ではありますが、その分お肌には刺激が強いのですね。特に敏感肌や乾燥肌の人にはおすすめできません。

クレンジングはお肌に優しく、かつ油分と水分のバランスも取れたクリームタイプが最もおすすめです。

クレンジングの際の顔の洗い方にも注意

クレンジング お湯のイメージ先ほどシートタイプで顔をこするのは良くないと書きましたが、顔を洗う際にももちろんゴシゴシとこするような動作はお肌にとっては良くありません。

クレンジングする際には優しくメイクとなじませ、なじんだらぬるま湯で手早くすすいでいきましょう。

その際、冷たすぎる水や熱いお湯は使わないようにして下さい。

冷たいと毛穴の奥の汚れまでしっかり落ちませんし、油分のメイク汚れが綺麗に落ちません。また、お湯で洗うとお肌に本来必要な皮脂まで流されてしまいます。

いかがでしたか?正しいクレンジング方法にするだけでも、お肌は変わりますよ。是非実践してみて下さいね!

鉄分不足にオススメの記事

原因不明の体調不良は『鉄分不足』が原因??鉄分不足の症状と効果的な鉄分の摂り方

2018.08.21
 
最新シワ対策ランキング
シワ消しコスメランキングはこちら 乾燥からくる「小ジワ対策」、気になる「目元ジワ対策」、できてしまったら大変な「加齢ジワ対策」。 それぞれのお悩みにあわせたオススメを商品をランキング形式で紹介しています。 適材適所に合わせた「シワ対策」で年齢を感じさせないお肌を手に入れましょう! 『お悩み別』オススメしわ消しランキング
洗顔