正しい洗顔料の選び方を知ってスッキリ美肌に!皮脂や汗汚れに洗顔料は欠かせません!

モコモコ泡

顔の肌は衣類などでカバーされていないので、空気中の有害物質やほこり、排気ガスやタバコの煙など、様々な汚れに四六時中さらされています。

この汚れに加えて汗や皮脂、古い角質といった粘着質の汚れ、メイク汚れなどが混ざりあるので、一見キレイに見えても1日を過ごした肌の汚れというのは相当のものです。

この状態を放置しておけば雑菌が繁殖する原因ともなり、肌への負担や刺激がさらに強まることにもなってしまいます。

洗顔料の役割

洗顔

クレンジングが洗顔の代わりにならないの???

と思うかもしれませんが、

クレンジングはメイクといった「油性の汚れ」を落とすのに適したものです。

一方、洗顔料は汗や皮脂、ほこりなどの「水性の汚れ」を落とすのに適していて、それぞれで落とせるものが異なります。

なので、メイクをした日はクレンジングと洗顔の両方をする必要があるんです。

洗顔料の選び方のポイント

洗顔料にもいろいろな種類がありますが、基本的に洗顔料は洗い流してしまうものなので色々な成分が含まれていても肌には残りません。

ですので、洗顔料を選ぶときには最も大事な「汚れ落とし」をしっかりしてくれるものを選びましょう。

もっともオススメなのはできるだけシンプルな固形石けんです。なぜなら汚れ落ちに特化しているので肌に余計なものが残らないからです。

固形石けんにうるおい成分などの油分が添加されたものだと、洗顔後もそれが肌に残ります。

当然スキンケアは洗顔して終了ではないので、後々の化粧水や美容液の浸透を妨げないためにも、洗顔についてはできるだけシンプルなものを使用するべきです。

オススメはこの石けん!

2400万個も売れた人気の「せっけん」!火山灰の力で優しいのにしっかり汚れを落とす

然(しかり)よかせっけんは累計2,400万個も売れている火山灰微粒子(シラスバルーン)を使ったバカ売れ石けんです。

酵素で落とすタイプの洗顔ではありませんが、天然火山灰による「超微細シリカパウダー」がお肌の汚れや古い角質を包み込んで吸着し、肌に優しく汚れを落としてくれます。

然 よか石けん

よくある固形石けんではなく練り石けんタイプなので使いやすいです。

無添加・無香料・無着色に徹底的にこだわっているので石けんなのに使用期限があるほど。

然(しかり)よかせっけん公式サイトへ

良い口コミまとめ

・洗い上がりが乾燥せずにすっきり
・両手に収まるパッケージがすてき
・鼻の黒ずみが徐々に小さくなった
・男性でも使える
・ニキビ跡に効果があった

悪い口コミまとめ

・頬に白ニキビができてしまった…
・コスト的にはちょっと微妙
・ネットがないと泡立てるのが難しい
・目に入るとヒリヒリする

私のおすすめポイント
泡がモコモコでとにかく洗いやすいです!泡パックもできるので、毛穴の汚れもこすらずすっきり落とせるのが魅力ですね。洗浄力は強く感じますが、意外と刺激が少ないのもポイント。やはり売れているだけあるな〜といった感じです。
然(しかり)よかせっけんの詳細
口コミ満足度 口コミ平均:(4/5)
通常価格 1,800円(税抜)
定期購入(公式のみ) 1,705円(税抜)泡立てネット付き、停止はいつでも可
送料(公式のみ) 送料・手数料無料
公式サイト

然(しかり)よかせっけん公式サイトへ

その他の洗顔料の種類

しっかり落とせる固形タイプの洗顔料だと、さきほどの「よかせっけん」がオススメなのですが、やはり洗顔の強さによって肌が荒れてしまったり、「固形だと泡立てるのが面倒!」という方もいるかと思います。

最近では形状別にさまざまなタイプが販売されていますので、ここでは簡単にその特徴をまとめました。

自分の使いやすいタイプの洗顔料で、なるべくシンプルなものを選ぶようにしましょう。

洗顔フォームタイプの洗顔料

チューブタイプの洗顔料で最も一般的なタイプ。肌への負担は強いものもあれば弱いものもありさまざま。

しっとりタイプの洗顔料は油分を30〜40%含み、肌への油膜をあえて残す。

ジェルタイプ

水分を多く含んで泡立ちが良い。洗浄力が強めなのでオイリー肌に向いている。

べたつきが気になる人に。

パウダータイプの洗顔料

粉状の洗顔料をその都度水とまぜて使うタイプ。水に濡れると活性化して角質を分解する酵素を使った洗顔に多い。

洗浄力は様々ですが、毛穴の詰まりなどの悩みを抱える方には酵素洗顔がオススメ。

酵素洗顔の記事もあります

酵素洗顔のオススメはこれ!めざせ毛穴レス!角質をクリアにする人気の酵素洗顔

2018.09.27

押すと泡が出るフォームタイプ

押すと泡が出るポンプタイプで一見便利ですが、強い界面活性剤を使用するものもあるので注意が必要。

泡の固いものは発泡剤が多く含まれているので、こちらも要注意。

洗浄力や肌への負担はさまざま。

スクラブタイプ

スクラブとはポリマーなどのスクラブ素材を利用して、肌の古い角質や汚れを落としてくれる洗顔方法。

刺激が強く肌を傷めやすいので、あまり強くこすらず、やさしくなでるように。

肌のくすみや角質が気になる人にオススメ。

泡立たないタイプ

泡立たないタイプは超しっとりタイプ。肌荒れがひどい人にオススメ。

洗浄力が弱く汚れ落ちも良くはないので、肌トラブルを抱える人向き。

洗顔を上手に行うポイント

洗顔泡立て

洗顔はクレンジングと同様に、行い方によっては肌に負担がかかってしまいます。

理想的な洗顔時間は1分〜1分半で、お湯の温度はぬるま湯をキープするようにしましょう。冷水で洗うのはNGです。

正しい洗顔のポイント
  • ぬるま湯で洗う
  • 洗顔料はよく泡立てる
    (泡立てないと洗顔料の濃度が高くなって肌に負担がかかる)
  • 泡は皮脂の多いTゾーンからのせる
  • すすぎはしっかりと
    (髪の生え際やフェイスラインに泡が残らないように)
洗顔のNG行為
  • 泡立てが足りない
    (しっかり泡立てないと濃度が高まり肌に負担がかかります)
  • ゴシゴシこする
    (泡で洗うように心がける)
  • すすぎ不足
    (肌への刺激になるのでしっかりすすぐ)
  • 時間をかけて洗う
    (時間をかけるほど肌への負担が大きい)
  • 冷水で洗う
    (冷水だと洗浄力が落ちてしまう)

洗顔後にタオルでゴシゴシ拭くのも厳禁です。

アンチエイジングを実践するのであれば、とにかく「肌には極力触らない」「肌に負担をかけない」ということがとても大事なので、しっかりと覚えておいてくださいね。

泡立てネットのモコモコ泡で洗おう

泡立てネットは簡単に泡立てることができ、なおかつ手で泡立てるよりきめ細かい泡ができるので、とても便利なアイテムです。

ここでは口コミでも話題の洗顔ネットを紹介していきますので参考にしてみてください。

誰にでもモコモコの泡ができる!
メンズ用ながらすごい泡立ち!
バルクオム (BULK HOMME)
¥648 (2018/11/16 19:18:28時点 Amazon調べ-詳細)
オーガンジー素材のおしゃれなネット

皮脂をしっかり落とすにはやっぱり洗顔!

酵素洗顔洗顔の役割は、剥離した角質、皮脂や汗、ほこりや大気中の有害物質といった、顔に付着したさまざまな汚れを洗い流すことです。

洗顔料でしっかり洗い流すことによって、肌を清潔な状態にリセットし、その後のスキンケアなどを浸透しやすくしてくれます。

同様にクレンジングも洗い流す効果を目的としたものですが、こちらはメイクなどの油汚れを落とすものなので水溶性の汚れは落ちにくいです。

洗顔料は毎日使うものですので、自分の肌質に合ったものを使いましょう。

全体的に皮脂量が多いようなら「さっぱり洗い上がるタイプ」を、カサつきが目立つようなら「洗浄力が弱め」のタイプといった感じで使い分けるのがいいです。

毛穴のつまりや角栓が気になるなら「酵素洗顔」がオススメです。

酵素洗顔では普通の洗顔では落ちにくい「古い角質」を落としてくれるスグレモノですよ。

酵素洗顔について詳しくはこちら

酵素洗顔のオススメはこれ!めざせ毛穴レス!角質をクリアにする人気の酵素洗顔

2018.09.27
 
最新シワ対策ランキング
シワ消しコスメランキングはこちら 乾燥からくる「小ジワ対策」、気になる「目元ジワ対策」、できてしまったら大変な「加齢ジワ対策」。 それぞれのお悩みにあわせたオススメを商品をランキング形式で紹介しています。 適材適所に合わせた「シワ対策」で年齢を感じさせないお肌を手に入れましょう! 『お悩み別』オススメしわ消しランキング
モコモコ泡