【クレンジングタイプ別】正しいクレンジングの方法を知ろう

メイクを落とすクレンジングは正しい方法で行わないと肌を傷つけてしまいトラブルを引き起こしやすくします。

クレンジングの正しい方法を知っておくことで、肌に負担をかけずにメイクを落とし、メイク後の肌を良い状態のままキープでき、メイクのノリも良くします。

クレンジングはなぜ必要なの?

女性のアップクレンジングの目的はメイクの汚れを落とすことです。

クレンジングには界面活性剤というメイクの油分と水を馴染ませるための成分が配合されているので、界面活性剤の働きでメイクを落とすことができます。

メイクの成分は油性であり、洗顔用のフォームでは油性の汚れを上手く落とすことができないので、クレンジングに配合されている界面活性剤がメイクの成分である油性の汚れを落とすので、クレンジングはメイクをしっかり落として肌をキレイに仕上げるために必要なのです。

基本的な正しいクレンジングの方法

手を洗うメイクを落す前に手を洗い、アイメイクなどポイントメイクを先に落とします。

手を乾燥させて、クレンジング剤を適切な量出し、Tゾーンから頬、目や口の順に洗い、ぬるま湯ですすいで清潔なタオルで優しく拭き取ります。

手が汚れたままだとクレンジング剤のメイクを落とす働きが発揮されず、雑菌がついた手で顔に触れてしまうと肌トラブルを引き起こす原因となります。

ベースメイクとポイントメイクを一気に落そうとすると余計な力が入り、肌への負担を大きくしてしまうので、目元や口元のポイントメイクは専用のリムーバーを使って先に落してからクレンジングを行うことで肌への摩擦や負担を小さくします。

クレンジングの適切量を守らないと、きちんとメイクが落ちなかったり、肌を余計に擦って傷つけることにもつながってしまうのでクレンジング剤の使用量は必ず守ります。

クレンジングは濡れた手で使えるタイプのものでも乾いた手にとって使うことでメイクを落とす作用をより高めめます。

クレンジングを行う際は皮脂が多いおでこや鼻にかけてのTゾーンから洗って、次に頬を優しく洗います。

目や口周りは皮膚が薄くデリケートな部分なので優しく丁寧にクレンジング剤を馴染ませたいので最後に洗います。

クレンジングをすすぐ時に温度が高すぎると肌に必要な水分や油分も落としてしまい、乾燥をすすめる原因となります。

毛穴から余分な皮脂が浮き上がるのにベストな温度は30度から32度とされており、触ったときにぬるいと感じるくらいが丁度良い温度です。

すすぎ残しがないようにしっかりと行います。

すすいだ後にゴシゴシとタオルで拭くと摩擦で肌を傷つけてしまうので、ポンポンと肌に優しく当てるように、優しく水気を拭き取ります。

クレンジングの種類による正しいクレンジング方法

コットンクレンジングにはさまざまな種類があり、その種類によって正しいクレンジング方法があります。

自分が使っているクレンジングの種類によって正しく使うことで肌トラブルを起こさずにメイクをしっかり落とすことができます。

そこで代表的な6種類について使い方のポイントを紹介します。

1つ目は「クレンジングシート」です。

シートを肌に当てて、優しくメイクを拭き取るのがポイントです。

メイクを拭き取るときに力を入れてゴシゴシ擦ると肌への負担となるので優しく拭き取るのを意識して行います。

2つ目は「クレンジングオイル」です。

クレンジングオイルは乳化させることがポイントです。

乾いた手でクレンジングをとり、Tゾーン、フェイスラインや頬、目元や口元の順に馴染ませ、手に残っているオイルに水を数滴混ぜて白く濁らせます。

これが乳化で、乳化させたオイルを顔全体に馴染ませます。

乳化した状態からサラサラとした水のような感触が変わったらメイクが落ちている目安となります。

乳化することで力を入れる必要なくヌルつきを簡単に落とすことができます。

3つ目は「リキッドクレンジング」です。

リキッドクレンジングは一番落ちにくいアイメイクから落とします。コットンにクレンジング剤をたっぷり含ませ、まぶたの上にしばらく置いてアイメイクを馴染ませ、コットンを下に向かって優しくすべらせるように拭き取り、残ったマスカラや下まぶたの汚れをコットンの角で拭き取ります。

コットンが汚れたら新しいものに取り替えて、使いまわしはしないことでメイクを効果的に落とします。

4つ目は「クレンジングジェル」です。

乾いた手にとり、少し温めてから肌になじませて使います。

温めると表面にオイルが出て、メイクや皮脂とより馴染み、浮かせて落とすことができるので肌への負担が少なくて済みます。

5つ目は「クレンジングクリーム」です。

肌に乗せる前にクリームを手のひらで温めます。

クリームを温めることでメイクとの馴染みが良くなり、クレンジングの時間短縮にもつながります。

クレンジングクリームを肌に馴染ませていくと重たいクリームが軽くなる感じになるまで優しく馴染ませます。

その感じがメイクや皮脂汚れが落ちたサインなので、ぬるま湯でしっかりと洗い流します。

6つ目は「ミルククレンジング」です。

ミルククレンジングも肌に乗せる前に手のひらで温めます。

表面に出てきた油分の力でメイクや皮脂と上手く馴染み、浮かせて落とすので肌への負担を減り、メイクが落ちるまでの時間も短くできます。

ミルククレンジングを洗い流す場合、ぬるま湯で少しずつ馴染ませるように洗い流すことがポイントです。

メイクや皮脂をスムーズに洗い流すことができます。

クレンジングにはさまざまな種類があり、自分が使っているクレンジングの種類の落とし方のポイントを知っておくことで

クレンジング後の肌トラブルを減らして、健やかな肌へと導きます。

クレンジングは肌に優しいものがオススメ

クレンジングが肌に負担をかけるってご存じ?温感、スクラブ、炭酸...結局どれがいいの!?

2018.03.30
 
最新シワ対策ランキング
シワ消しコスメランキングはこちら 乾燥からくる「小ジワ対策」、気になる「目元ジワ対策」、できてしまったら大変な「加齢ジワ対策」。 それぞれのお悩みにあわせたオススメを商品をランキング形式で紹介しています。 適材適所に合わせた「シワ対策」で年齢を感じさせないお肌を手に入れましょう! 『お悩み別』オススメしわ消しランキング