知ってた?クレンジングの種類と特徴

いろいろあるクレンジングの種類

色んなタイプのクレンジングお化粧するなら毎日必要になるクレンジングですが、色んな種類があるので、どれを選べば良いのかわからないですよね。

オイルやクリームだったり、洗顔とひとつになったものだったり、クレンジングシートなんかもあります。

なぜこんなに種類があるの?と気になりますが、それぞれに特徴や適した肌質があるんです。

クレンジングオイル

これはクレンジングの中でも、メイクの油などを落とす力が一番強いです。

ですから頑固なメイクなんかもスルッと落とすことができます。

ただし、クレンジングオイルを使う時は注意も必要なのです。

それは、短時間でサッと洗い流すことです。

オイルなので他のタイプのクレンジングと比べると、肌本来の脂なんかも取りすぎてしまうのです。

すると肌が乾燥してしまいがちになるので、短い時間でメイクを落として洗い流した方が良いです。

マッサージクリームとしては使えないものがほとんどなので、サッと流しましょう。

短時間で素早くメイクを落とすことに向いているのがオイルタイプです。

↓↓当サイトのいち押しクレンジングオイルはコレ↓↓

クリームタイプのクレンジング

クリームタイプの特徴は、メイクを落としながらマッサージができることですね。

しっかりメイクと馴染ませるように伸ばしていきながら、リンパのマッサージとしても使うことができるのでとても便利です。

ただ濃いメイクは落ちにくいので、その場合はアイメイクなどはオイルポイントメイク落としを使うと素早くクレンジングすることができます。

↓↓当サイトのいち押しクリームクレンジングはコレ↓↓

洗顔料との一体型タイプ

こちらは1回で終わるので、非常に簡単ではありますが、かなり洗浄力が強いです。

毎日繰り返すと乾燥肌になってしまいやすいので、注意が必要です。

乾燥を防ぐためにパックも必要な場合もあるので、余計な手間がかかってしまうかもしれません。

ただ時間がないときにはとても便利なので、毎日ではなく使い分けると肌にも良いでしょう。

クレンジングシート

これはソファに寝ころびながらでもメイクを落とせるので、一番楽ですよね。

しかしやっぱりシートなので、口紅や毛穴にまで入り込んだメイクはなかなか落とすことができません。

確かに楽なので頼ってしまうこともあるかもしれませんが、これだけでクレンジングを終わらせてしまうのは不安です。

毎日のクレンジングとしてではなく、外出先のメイク直しとして使うととても便利です。

特に夏場で一から肌を直したい時、冬や秋に肌が乾燥して保湿からしたい時、それらの時にはとても便利です。

メイク落としはほぼ毎日のことなので、できるだけ肌に負担なく落とすようにしましょう。

スキンケアの一つなので、少しでも気を付けると肌が変わってきますよ。

クレンジングは肌に優しいものがオススメ

クレンジングが肌に負担をかけるってご存じ?温感、スクラブ、炭酸...結局どれがいいの!?

2018.03.30
 
最新シワ対策ランキング
シワ消しコスメランキングはこちら 乾燥からくる「小ジワ対策」、気になる「目元ジワ対策」、できてしまったら大変な「加齢ジワ対策」。 それぞれのお悩みにあわせたオススメを商品をランキング形式で紹介しています。 適材適所に合わせた「シワ対策」で年齢を感じさせないお肌を手に入れましょう! 『お悩み別』オススメしわ消しランキング