長引くむくみは病気のサインかも!?病気が原因で起こるむくみとは?

顔のむくみや足のむくみが気になる女性は多くいます。見た目的にも太って見えてしまいますし、疲れているようにも見えてしまうために気になるものです。美容に関しての情報の中ではよくむくみに関しては特集を組まれますが、単なる美容ケアでは解決できないむくみだってあるのです。それが病気によるむくみです。長引くむくみは何かの疾患の可能性もあります。

むくみはなぜ起きるのか

水むくみは体内に水分が滞る事で起きる症状です。人間の体は体重のおよそ6割もが水分で構成されています。その3分の2は細胞内に存在している形です。残りの3分の1は血液などで細胞の外側にあります。そしてその多くは細胞間液と言われます。

この細胞間液は心臓から静脈を巡って全身に送り出される血液の血漿成分の事で、細胞に酸素を届けたり栄養を運んだりします。その後にまた血液と一緒に心臓に帰ってきて、再び全身に送り出されるというサイクルを繰り返します。

しかし、何かしらのトラブルにより細胞間液がスムーズに血中に戻る事ができない事があります。これがむくみになり現れるようになります。むくみを起こす原因はいろいろですが、これという理由もなく症状が長く続く時、あるいはたったの数日間の間に急激に体重が増えたり減ったりする時には病気が原因のむくみである可能性があります。

腎性浮腫により起こるむくみ

腎臓トラブル腎臓にトラブルが起きた時にできるむくみです。腎臓の機能が落ちる事で余分な水分や塩分がしっかりと排出されずに溜まってしまったり、蛋白尿がたくさん出てしまう事により、体内のバランスに狂いが生じて上手く調整できずにむくみになります。

腎性浮腫は腎臓の疾患ですが、自覚症状を持つ事が少ないです。むくみが出た時には一つのサインになります。

肝性浮腫でもむくみを生じる

肝臓トラブルこれは肝臓の機能が落ちた事で生じるむくみです。肝臓機能が弱くなる事で血液内に水分を留めるために大事なアルブミンと言われるたんぱく質の合成が上手くいかなくなります。

それにより血液中の水分濃度が下降します。その事で消化器官から肝臓に血液を送る門脈の血圧が上昇する事になります。血圧が上がると水分排出を邪魔して、水分やナトリウムが体の中に溜まるようになり、むくみができます。

心性浮腫

心臓トラブル心臓の機能が落ちる事で体内に水やナトリウムが溜まって発生するむくみです。

疑われる病気としては慢性心不全や肺性心などがあります。

内分泌性浮腫でも起きる

よく知られているのは甲状腺機能低下症で起きるむくみです。

栄養障害浮腫によるもの

脚気極端に栄養が偏っている事やビタミンB1が足りなくなり、脚気になっている時に出てくるむくみです。

むくみが長引く時やこれという理由が思い浮かばない時には、病気により起きている可能性があります。疑わしい時には病院で診てもらいましょう。

むくみ解消にオススメの記事

私こんなに足太かったっけ??気になる「むくみ」は栄養不足で起こるんです!

2018.09.06
 
最新シワ対策ランキング
シワ消しコスメランキングはこちら 乾燥からくる「小ジワ対策」、気になる「目元ジワ対策」、できてしまったら大変な「加齢ジワ対策」。 それぞれのお悩みにあわせたオススメを商品をランキング形式で紹介しています。 適材適所に合わせた「シワ対策」で年齢を感じさせないお肌を手に入れましょう! 『お悩み別』オススメしわ消しランキング