美肌に役立つコラム

プロが教える!肌への負担が少ないクレンジング方法

更新日:

皆さん、普段、どんなクレンジングをしていますか。

クレンジングオイルを手に取って、それを肌になじませているという方、実はそれだけでも、なじませ方によっては、肌への負担になっていることもあります。

そこで、プロが推薦する肌への負担が少ないクレンジング方法をご紹介したいと思います。

1. とにかく泡立てる

泡立てるクレンジングにオイルを使う方、ソープを使う方、どちらにしても、必ずずっと手のひらでぐるぐるとこすっていれば、必ずきめ細かい泡になります。

面倒な方は、泡立てスポンジを使っても良いです。

ひたすらこれを泡立てていると、大体5分くらいで、ふんわりとしたきめの細かい泡が出来上がります。

クレンジングオイルの場合も、根気よく泡立ててくださいね(ちなみに、ソープの方が速く泡立ちます)。

2. クレンジングする際の注意

優しく泡立てたクレンジング液はどうするのかというと、絶対にこれを、はだにこすりつけはいけません。

ぎゅっと肌に押し付けることで、小さな泡が毛穴の中までしっかりとしみこんでいってくれるので、ただ泡をお肌につけるというのではなく、まんべんなく、ギュッギュッとお肌全体に泡をしみこませていってください。

そして、これを洗い流すのですが、その時も、お風呂の暑いお湯をそのまま使うと、毛穴が逆に広がってしまうので、そこにゴミが入りやすくなってしまいます。

ですから、大体32度くらいのぬるま湯をお肌に押し付けてください。

もしくは、泡を落としたいだけであれば、ただそれをバシャッとかけるということをすることだけで、お肌に刺激なくクレンジングができる上に、毛穴の中までスッキリします。

3. 何だか落ちた感じがしない…

泡立ておそらく、誰もがこれをやっただけだとマスカラが微妙に残っていたり、クレンジングした感じがしないと思う人が多いでしょう。

しかし、クレンジングの後は必ず洗顔もしますよね。

その洗顔も、洗顔フォームをしっかりと、クレンジングフォームと同じように泡立てて、同じように肌に押し透けて、毛穴の中に浸透させ、しっかりと洗い流すことによって、しっかりとクレンジングと洗顔がなされるので、心配しないでください。

4. クレンジングと洗顔の後は?

これらをやった後で、いつもは感じるツッパリも感じない人が多いです。

ですが、これらをやった後は必ずいつものようにしっかりとスキンケアをしてあげてください。

保湿をきちんとすることによってしわなどを防ぐことができます。

ちょっと時間はかかりますが、ちょっと手間をかけてあげることによって、肌に刺激のないクレンジングと洗顔ができますから、この方法はおすすめで、お肌も喜びます。

 

最新シワ対策ランキング

シワ消しコスメランキングはこちら

乾燥からくる「小ジワ対策」、気になる「目元ジワ対策」、できてしまったら大変な「加齢ジワ対策」。
それぞれのお悩みにあわせたオススメを商品をランキング形式で紹介しています。

適材適所に合わせた「シワ対策」で年齢を感じさせないお肌を手に入れましょう!

『お悩み別』オススメしわ消しランキング

  • この記事を書いた人
美motto編集部

美motto編集部

-美肌に役立つコラム

Copyright© 美motto! , 2018 All Rights Reserved.