美肌に役立つコラム

乾燥肌にも優しいクレンジングはあるの?

更新日:

スキンケアの中でも、クレンジングは肌にダメージが加わりやすいお手入れの1つです。

クレンジング剤で角質が柔らかくなっていますから、ちょっとした刺激でも肌が乾燥しやすくなってしまいます。

乾燥肌の方は肌のバリア機能が弱くなっていますから、人一倍クレンジングには気をつけなくてはいけません。

間違ったクレンジング剤を選んでしまうと不要なダメージを肌に加えることになり、乾燥がさらに進んでしまいます。

肌に優しく適度な洗浄力を持っているクレンジング剤を使って、丁寧に優しくメイクオフするのが大切です。

乾燥肌に向いたクレンジングのタイプ

すっぴん女性クレンジングにもいくつかのタイプがあり、乾燥肌の方に向いているのはミルクタイプとクリームタイプです。

これらは洗浄力がやや弱めですから、肌に必要な皮脂を奪いすぎないという特長があります。

どのクレンジング剤にも水と油を混じりやすくする界面活性剤というものが含まれています。

この界面活性剤が多いほどメイクを短時間ですっきりと落とせる半面、皮脂も根こそぎ奪われてしまいますから、少なめなものほど肌に優しいです。

その点、ミルクやクリームタイプは他のタイプに比べて界面活性剤が少なく、肌への負担が軽いです。

テクスチャーも滑らかで指と肌との摩擦も起こりにくいですから、乾燥肌に適しています。

乾燥肌が避けるべきクレンジングのタイプ

オイルクレンジング逆に乾燥肌の方が避けたいクレンジングのタイプはオイルタイプとシートタイプです。

オイルタイプはオイルが多いほど洗浄力も高く、界面活性剤の量も多くなってしまい肌を保護している皮脂を取りすぎてしまいます。

肌の保護機能である皮脂がごっそり奪われてしまって、クレンジングを洗い流した後に肌が突っ張ったりして乾燥しやすくなります。

また、シートタイプはメイクを拭き取る時にどうしても摩擦が起きてしまって、バリア機能を弱らせてしまいます。

乾燥肌には刺激が強すぎますから、肌トラブルの元を作ることになります。

アルコールが含まれている場合も多く、バリア機能の弱い乾燥肌では赤くなったりかぶれを起こしたりしやすくなります。

肌に優しい無添加タイプ

クリームタイプバリア機能は外の刺激から肌を守る役割をしていますが、乾燥肌はバリア機能が低下していますから、外からの刺激は極力避けるのが大切です。

ミルクタイプやクリームタイプのクレンジング剤でも、肌に刺激になる添加物が含まれているものは避けるようにしましょう。

添加物や化学物質が使われていない無添加タイプのクレンジングを選ぶことで肌への負担を減らせますから、いたわりながらクレンジングができます。

クレンジングに関する記事

クレンジング
クレンジングが肌に負担をかけるってご存じ?温感、スクラブ、炭酸...結局どれがいいの!?

年齢を重ねていくとアンチエイジングに気を配ろうと思い、化粧水や乳液などスキンケアコスメは年齢に合ったものを使いたい気持ちになりますよね。 でも実はスキンケアコスメを変えるだけでは本来のエイジングの効果 ...

続きを見る

 

最新シワ対策ランキング

シワ消しコスメランキングはこちら

乾燥からくる「小ジワ対策」、気になる「目元ジワ対策」、できてしまったら大変な「加齢ジワ対策」。
それぞれのお悩みにあわせたオススメを商品をランキング形式で紹介しています。

適材適所に合わせた「シワ対策」で年齢を感じさせないお肌を手に入れましょう!

『お悩み別』オススメしわ消しランキング

  • この記事を書いた人
美motto編集部

美motto編集部

-美肌に役立つコラム

Copyright© re:age リアージュ , 2018 All Rights Reserved.