美肌に役立つコラム

いい加減に選ぶのはNG!クレンジングの重要性と選び方のコツ

更新日:

オイルクレンジングスキンケアと言うと、やはり化粧水で保湿したり美容液で美容成分を毛穴の奥まで浸透させるなど、「お肌につける・補う」と言うイメージが一般的には強いかと思います。

もちろんそのようなスキンケアコスメで水分や美容成分を補うというのは美肌のためにはとても重要なのですが、それと同じくらい大事なのが「汚れを落とす」、つまりクレンジングでメイクを落とすことです。

そもそもしっかりとクレンジングが出来ていないと、せっかくのスキンケアコスメの効果も半減してしまいます。

ここでは、美肌のために重要なクレンジングを選ぶときのコツや使い方のポイントなどについてご紹介します。

「そもそも、クレンジングなんて要らないんじゃない?」と、クレンジングを使わずに洗顔フォームだけで顔を洗っているという人もいるかもしれません。

しかし、メイクの汚れというのは油分の汚れ。ホコリなどの汚れは洗顔フォームで落ちますが、油分の汚れまでは落とし切ることができません。

一見綺麗に落ちているように見えても、実際は毛穴に汚れが溜まっているという状態になってしまい、ニキビや肌荒れなどの原因になってしまいます。

メイクをしない人やかなり薄化粧の人であれば洗顔フォームや石鹸などだけでも構いませんが、メイクをする人はクレンジングは必須です。

また、クレンジングを選ぶ際に「洗浄力が強い」と言うことを重視している人は多いと思います。

確かにクレンジングの目的と言うのはメイクを落とすことですから洗浄力は当然必要なのですが、かと言って洗浄力が強すぎるものは逆にお肌にとってのダメージも大きくなります。

特に、乾燥肌の人や敏感肌の人が洗浄力の強いタイプのクレンジングを選んでしまうと、肌に必要な水分や油分まで失われてしまって肌の状態が悪化してしまうリスクもあるので要注意です。

乾燥肌・敏感肌の人は、洗浄力がマイルドでお肌への刺激が少ないミルクタイプやクリームタイプを選ぶのがオススメです。

お肌が強い人はオイルタイプでも問題ないですが、その際にもクレンジング・洗顔後はしっかりと保湿するのを忘れないようにしたいもの。

また、シート状になっていてふき取るだけでメイクが落ちるタイプのクレンジングは手軽で人気ですが、実はこのタイプのクレンジングもあまりお肌に良いとは言えません。

そもそも、お肌をこするという動作自体がお肌にとってはダメージになり得ます。

どうしてもシート状のクレンジングを使う際は、出来るだけ水分が多めのものを使うこと、そして強い力でこすらないというのがポイントですよ。"

 

最新シワ対策ランキング

シワ消しコスメランキングはこちら

乾燥からくる「小ジワ対策」、気になる「目元ジワ対策」、できてしまったら大変な「加齢ジワ対策」。
それぞれのお悩みにあわせたオススメを商品をランキング形式で紹介しています。

適材適所に合わせた「シワ対策」で年齢を感じさせないお肌を手に入れましょう!

『お悩み別』オススメしわ消しランキング

  • この記事を書いた人
美motto編集部

美motto編集部

-美肌に役立つコラム

Copyright© 美motto! , 2018 All Rights Reserved.