オイリー肌(脂性肌)ってどんな肌?肌悩みに合わせた対策で美肌をめざそう

オイリー肌(脂性肌)って どんな肌?

あなたの肌はどんなタイプ?

スキンタイプ
上記の「肌分類」には当てはまらないのですが、ピリピリと刺激に弱かったり、すぐに赤くなる「敏感肌」と呼ばれる症状の人もいます。

オイリー(脂性肌)とは?

オイリー肌とは、肌はしっとりしていてテカりやすく全体的に油っぽいのが特徴です。

以下のような自覚がある方は「オイリー肌」といえます。

オイリー肌だと毛穴が開きやすい反面、シワができにくいという特徴があります。

  • すぐに肌がテカる
  • 毛穴が開きやすい
  • 肌が硬くてゴワついている
  • 朝起きたときに肌がベタついている

ニキビができると「オイリー肌」なのでは?と思ってしまう人も多いですが、実は乾燥肌でもニキビはできます。

ニキビは毛穴が角質でふさがれることによって起こるので、オイリー肌でも乾燥肌でも角質が詰まってしまえばニキビができる可能性は高くなります。

ニキビを防ぐためにはピーリングが効果的です。

角質を貯めないためにも定期的にピーリングを行い、アクネ菌を繁殖させないようにしましょう。

オイリー(脂性肌)の原因

オイリー肌になる原因として考えられるのが、ホルモンバランスの乱れや免疫力の低下です。

こういった体内バランスの乱れにはストレスや不規則な生活、偏食や睡眠不足、運動不足などといった生活のあらゆることが影響します。

脂性肌は様々な要因が複雑に絡み合っている場合が多いので、深刻な場合は皮膚科に相談するのもひとつの方法です。

オイリー肌になりやすい原因
  • 脂っこいものが多い食生活
  • ビタミン類の不足
  • 女性ホルモンの影響
  • 不規則な生活
  • ストレス
  • 肌の乾燥による脂性肌
    (肌の乾燥により皮脂の過剰分泌する場合もあります)
  • 間違ったスキンケア
  • 遺伝や本来の体質的なもの

脂性肌はニキビなどのトラブルも招きやすいやっかりな肌タイプですが、脂質という天然の肌バリアに守られているため、シワになりにくく外部刺激に強いという特徴もあります。

とはいえ、悩みを感じている人にはデメリットでしかないので、まずはスキンケアを見直し生活リズムを整えることで、理想の肌状態を目指していきましょう。

オイリー肌(脂性肌)の改善方法

オイリー肌のスキンケアに油分は大敵です。これ以上皮脂を分泌させないケアをしていきましょう。

オイリー肌を改善するスキンケア

洗顔で皮脂をすっきり落とし、オイルコントロール効果のある化粧品を使用するのがオススメです。

テカリを防ぐには、ルースパウダーをファンデーションの上から重ねましょう。浮き出た皮脂はあぶらとり紙などでとるのが効果的。

睡眠不足やストレスも皮脂が増える原因になるので、生活面にも注意したいですね。

オイリー肌に良い食べ物

ビタミンB

オイリー肌は体質にもよるものなので、体の内側から改善していくことも大切です。

オイリー肌が積極的にとりたい成分は『ビタミンB群』です。

ビタミンB群(ビタミンB1、B2)は肌にとって不可欠な栄養素であるとともに、皮脂の分泌を抑えてくれます。

中でもビタミンB1は糖質の代謝を助けます。糖質がきちんと代謝されないと皮脂となって分泌されるので、ビタミンB1を積極的にとることで皮脂が予防できるんです。

逆に糖質(炭水化物)を押さえることで、皮脂の過剰分泌を抑えることができるので、糖質を減らすのも効果が高いですね。

またビタミンB2は、皮脂の分泌をコントロールするのに大事な栄養素。特にレバーやウナギなどに豊富に含まれています。

ビタミンB1の多い食品
食品名 ビタミンB1の量(食品100gあたり)
豚ヒレ 0.98mg
豚モモ(赤身) 0.90mg
生ハム 0.90mg
ピーナッツ 0.85mg
うなぎ 0.75mg
たらこ 0.71mg
ごま 0.49ng
ビタミンB2の多い食品
食品名 ビタミンB2の量(食品100gあたり)
豚レバー 3.6mg
牛レバー 3.0mg
鶏レバー 1.8mg
うなぎ 0.74mg
納豆 0.56mg
焼きたらこ 0.43mg
0.43ng

オーバーカロリーになってしまうと皮脂は余分に分泌されてしまうので、肉はゆでたりして油を控えるようにするといいでしょう。

油分は飽和脂肪酸を含むバターや牛脂、ラードは避けた方がよいでしょう。飽和脂肪酸は毛穴を詰まらせニキビの原因となってしまうので、とりすぎるのは避けた方が無難です。

オイリー肌は食生活に気をつけつつ、皮脂コントロールを徹底しよう

化粧水オイリー肌(脂性肌)になる原因は「ホルモンバランス」とも関係しているといわれています。

ストレスや環境要因、寝不足など、体の内面に原因がある場合もあるので、まずは食生活から見直してみましょう。

その際はできるだけ油分をさけ、お肉などのビタミン類が豊富なたんぱく質類を中心にとり(大豆・納豆でもOK)、睡眠をしっかりとるなど疲れないカラダ作りを目指しましょう。

スキンケアに関しては、オイルコントロール効果のある化粧品を使用して肌の調子を整えるようにしてください。

脂性肌なのでべたつきを避けるために化粧水のみでケアしたくなるところですが、しっかり保湿も重視しましょう。

肌は乾燥するとより皮脂を分泌しようとするので、保湿効果のない化粧水などでケアしてしまうと逆に皮脂を増やしてしまうことにもなりかねません。

あくまで「肌のバランスを整える」ことをめざして、オイリー肌専用の化粧品を使うことをオススメします。

 
最新シワ対策ランキング
シワ消しコスメランキングはこちら 乾燥からくる「小ジワ対策」、気になる「目元ジワ対策」、できてしまったら大変な「加齢ジワ対策」。 それぞれのお悩みにあわせたオススメを商品をランキング形式で紹介しています。 適材適所に合わせた「シワ対策」で年齢を感じさせないお肌を手に入れましょう! 『お悩み別』オススメしわ消しランキング
オイリー肌(脂性肌)って どんな肌?