プラセンタ化粧品の効果とは?プラセンタは美肌と若返りの秘訣!その原理と効果について知ろう

美容に力を入れる女性

エイジングケアの注目要素として「プラセンタ」という言葉を一度は聞いたことがありますよね?

そもそもプラセンタとは英語で「胎盤」を意味しています。

胎盤というと哺乳類の赤ちゃんがお母さんのおなかの中で成長するときに、栄養を受け渡しする重要な組織です。

胎盤は赤ちゃんに送るための栄養素が豊富に含まれており、赤ちゃんがわずか10ヶ月で人間の形にまで成長するために必要な細胞成長因子が含まれているのです。

細胞成長因子とは?
細胞成長因子とは、グロースファクター(GF)とも呼ばれ、細胞を成長させるための重要な要素です。細胞成長因子によって刺激された成長ホルモンの働きによって、わずか10ヶ月の間に胎児が驚異的に成長できるということが明らかになっています。

最近では、この胎盤に含まれる豊富な栄養素を美容成分として取り入れることができるとわかり、医療や美容業界で広く使われるようになりました。

以前はプラセンタというと注射がほとんどでしたが、最近では化粧品にも配合されるほか、サプリメントによって経口摂取もできるようになっています。

最強の美肌成分『プラセンタ』とは?

クリームプラセンタは哺乳類の胎盤から抽出された成分なので、豊富な栄養素が含まれており、アミノ酸やビタミン類、ミネラル類、酵素などをはじめ、動物が成長するために必要な多種多様な成分が含まれています。

プラセンタの代表的なものは馬・豚・羊などの動物由来のものですが、医薬品や医療用にかぎり、人プラセンタも利用されています。

特に国産のプラセンタは品質が高いことで知られており、安全性の面でも信頼が置けると思います。

プラセンタの中にはメロンや大豆などを使用した「植物プラセンタ」と呼ばれるものもありますが、これは厳密にはプラセンタではありません。

なぜなら植物に「胎盤」はないからです。植物プラセンタの場合は「胎座」というプラセンタに似た栄養価をもつ成分が使われています。

植物プラセンタの効果については、含まれる栄養素から動物性プラセンタに近いと言われていますが、肝心の成長因子が含まれていません。

プラセンタを利用するメリットは栄養素というよりも、この成長因子が重要になってくるので、動物性プラセンタほどの効果は期待できないでしょう。

プラセンタの効果

上昇

プラセンタで得られる効果は、胎盤が持つ『成長させる効果』そのものなんです。

胎盤の中には、母体内で受精卵が赤ちゃんになるまでに必要な栄養素が、たっぷり詰まっています。

そんな生命の不思議なパワーを研究し、美容や健康に活かそうと考えたのがプラセンタ療法になります。

プラセンタは美容はもちろん、肝機能の改善や更年期の症状の改善、免疫力アップや活性酸素の除去など、さまざまな効果をもちます。

その効果は医学的にも認められ、健康保険が適用される薬としても使われています。

プラセンタには成長ホルモンの分泌を促す「成長因子」が含まれているのが特徴です。この成長因子はプラセンタにしか含まれておらず、食べ物で補うこともできません。

「成長因子」は細胞増殖因子ともよばれ、文字通り細胞を成長・再生させる効果があるので、美容成分として摂取していくことで、老化のスピードを遅らせ、肌の細胞を回復させる働きがあります。

成長因子に関する研究は「再生医療」の重要な研究項目として、いま現在でも盛んに研究が進められているところです。

ケガや火傷、日焼けが再生する仕組みも成長因子による効果なので、プラセンタに含まれる成長因子の効果は、私たちも日頃から効果を実感していますよね。

プラセンタはこんな「肌悩み」に効果あり

プラセンタに含まれる「成長因子」には美容・健康面で様々な効果があります。ここではプラセンタの代表的な効果についてまとめます。

美容面での効果
  • 肌の乾燥(天然保湿因子による保湿)
  • 小ジワ改善(線維芽細胞増殖作用)
  • シミ・日焼け(チロシナーゼの抑制による美白)
  • 髪の悩み(育毛・美髪効果)
健康面での効果
  • 新陳代謝の改善
  • 抗アレルギー効果
  • ホルモンバランス調整効果
  • 更年期の症状の改善
  • 滋養強壮効果
  • 抗酸化効果
  • 血行促進効果

などといった様々な効果があるとされています。

プラセンタにはまだまだ解明されていない要素が多々あり、これからの研究結果にも期待ができます。

プラセンタに含まれる栄養素

研究プラセンタには、私たちの生命に必要な栄養素がたっぷり含まれています。

その中には、美肌つくりに大切なたんぱく質・脂質・糖質・ビタミン・ミネラルなどの成分が、バランスよく含まれています。

中でも要注目なのが「成長因子(グロースファクター)」と呼ばれるもので、細胞の分裂や増殖をコントロールする働きがあります。まさに胎盤にこそ含まれる成分といえますね。

そんな新陳代謝の源ともいえるグロースファクターを補うことで、肌の再生能力を引き上げることが可能になるのです。

このグロースファクターは人間の体内にも存在しているのですが、加齢によりどんどん失われていってしまいます。

そのため、プラセンタを経口摂取または、スキンケアとして利用することで、お肌に必要な栄養素をバランスよく補給することが可能になります。

プラセンタの抗酸化作用でエイジングケア

美容もばっちり抗酸化作用という言葉は比較的良く耳にするようになったと思います。

お肌の老化現象の原因となるのが活性酸素ですが、抗酸化作用というのはこの活性酸素の働きを抑制する作用のことをさしています。

プラセンタには、肌の一つ一つの細胞まで栄養素をスムーズに届ける働きがあるといわれています。

そのため、シミの原因となるコラーゲンが壊れるを防いだり、メラニンの発生を遅らせることで、お肌のエイジングケアができるというわけです。

プラセンタは「線維芽細胞」に働きかけて美肌を作る

肌のしくみ線維芽細胞というのは、もともと私たちのお肌の中にあり、コラーゲンやエラスチンといった、お肌の弾力を保つために必要な栄養素を作り出す役目を持っています。

エイジングケア用の化粧品には、コラーゲンやエラスチンが配合されているものもありますが、化粧品から補える成分は、残念ながら皮膚の角質層までしか浸透しません。

ところが、この線維芽細胞は、お肌のさらに深部、真皮層にあり、美肌に必要な成分を作り出しているのです。

プラセンタにはこの線維芽細胞の働きを活発にする作用があります。

このため、内側から美肌に必要な成分を作り出す美肌力がアップできるということなのです。

プラセンタには保湿効果も

保湿効果線維芽細胞には、ヒアルロン酸を生み出す働きもあります。

ヒアルロン酸はお肌の内部にあって、その水分保持を支えている重要な成分です。

化粧品にも多く配合されているので、ご存知の方も多いでしょう。

プラセンタを摂取することにより、この線維芽細胞を活発にして、ヒアルロン酸の生成をスムーズにすることが期待できます。

その結果、うるおいのある、若々しい美肌を目指すことができるのです。

プラセンタをとる方法

プラセンタの摂取方法には、ドリンクやサプリメントで体内にとり入れるほか、化粧水や美容液などの化粧品としてスキンケアに使うことができます。

また美容外科で「プラセンタ注射」を打つという方法もあり、最も効果的といわれていますが、定期的に打つ必要があるので万人にはおすすめできないですね。

プラセンタのとり方
  • サプリメントによる経口摂取
  • ドリンクとして飲む
  • 化粧水として使う
  • 美容液として使う
  • プラセンタ注射として接種する

プラセンタ入り化粧品の選び方とポイント

クリーム化粧品に使われるプラセンタには、おもに「動物性」「海洋性」「植物性」の3種類があります。

厳密には哺乳類しか胎盤を持っていないので、「動物性」以外はプラセンタとはいえないと思うのですが、プラセンタと似た成分ということでプラセンタという商品名を使っています。

「海洋性」プラセンタは主に鮭由来の成分で、「卵巣外皮」というプラセンタに似た成分を持っています。成長因子は含まれていませんが、コラーゲンを豊富に含むなど、動物性よりも安全で、植物性よりも効果が高いという特徴があります。

「植物性」プラセンタは「胎座」と呼ばれる種子をつくる部位から抽出した成分を使用し、こちらも成長因子はありませんが、プラセンタと似た栄養素を含んでいると言われています。

化粧品で使われるプラセンタは、コストや濃度により様々な種類があります。数百円で買える安いものから、数千円もするような高級なものまで価格帯は幅広いです。

最も高価な動物性プラセンタは、馬>羊>豚の順に価格が低くなり、安価なものとしては鮭>植物になります。

より高い効果を求めるなら、本物の胎盤を使用している動物性プラセンタを選び、その中でも濃度が高いものを選ぶとよいです。

他にもプラセンタの抽出方法や原料の品質など、各メーカーによってこだわっている部分があるので、高価なプラセンタ化粧品にトライする場合は、プラセンタの表記成分はもちろん、そういったこだわりの部分もしっかりチェックしましょう。

服用タイプのプラセンタの選び方

錠剤のサプリメントプラセンタアイテムといっても最近はさまざまな形状のものが販売されています。

ドリンクタイプのものもありますが、臭いが気になって飲みにくいという場合もあり、そのような人にはカプセルタイプのものがおすすめです。

また、プラセンタ配合の化粧品もたくさん出回っていますので、併せて使用することで、さらに効果的にプラセンタを利用できるでしょう。

プラセンタを使うメリットとデメリット

プラセンタは特に美容効果の高い成分ですが、メリットもあればデメリットもあります。

美肌のためならとどうしてもメリットに目がいきがちですが、デメリットもしっかり把握しておきましょう。

プラセンタ使用のメリット
  • 胎盤の成長因子による高い美容効果
プラセンタ使用のデメリット
  • 海外製の動物プラセンタは安全性が疑問
  • 経口摂取のプラセンタで紅斑や接触性皮膚炎になったという事例がある
  • プラセンタ注射は献血ができなくなる場合がある

プラセンタは医療用としても用いられるほど高い効果を持ちますが、動物の胎盤を使用する事から、海外製で製造工程が不明なものは安全性の面で心配な部分があります。

また美容外科などでプラセンタ注射をしてしまうと、厚生労働省の指導で献血ができないことになっています。これは原料のプラセンタに悪性ブリオン(いわゆる狂牛病のタンパク質)が含まれていた場合に、病気を防ぎきれなくなってしまうことからだそうです。(感染事例はなく、あくまで予防のため)

とはいえ、プラセンタ注射は美容医療としても人気なので利用する人も多く、多くの人には問題がないと思います。

ただ気になる人には気になる事なので、プラセンタ注射をしてみたいという人はそれなりのリスクがあることを心に留めておいてください(化粧品としての利用は全く問題ありません)

まとめ

プラセンタは高い美容効果があることで人気のアンチエイジング成分ですが、注射や経口摂取の場合はそれなりのリスクがあることがわかっています。

化粧品としての利用には特に問題がありませんが、「動物性」「海洋性」「植物性」など種類が多くわかりづらいこと(本来的な意味でのプラセンタは動物性のみです)、動物性の場合は原材料の質によって価格に差があることなど、選び方が難しいのが難点といえば難点です。

しかしながら、成長因子というプラセンタにしかない成分を含むメリットもあるので、まずは気になるものを数ヶ月使ってみて、自分の肌に合うか試してみるのも良いかもしれませんね。

ほかにも保湿効果や美白効果など、様々な効果が期待できるのがプラセンタ配合のアイテムなので、毎日のスキンケアにうまくとり入れて、エイジングに負けない美肌をめざしましょう。

 
最新シワ対策ランキング
シワ消しコスメランキングはこちら 乾燥からくる「小ジワ対策」、気になる「目元ジワ対策」、できてしまったら大変な「加齢ジワ対策」。 それぞれのお悩みにあわせたオススメを商品をランキング形式で紹介しています。 適材適所に合わせた「シワ対策」で年齢を感じさせないお肌を手に入れましょう! 『お悩み別』オススメしわ消しランキング
美容に力を入れる女性